新潟県の雪国で太陽光発電8.61kw

新潟県の雪国で2010年11月にSANYO製8.61kwの巨大システムを導入! 導入経緯、費用から、毎月の発電量を報告していきます。

システム

なぜ8.61kWも!?大容量が回収への近道なのです。

太陽光発電の導入前、我が家の電力契約は30Aでした。
(アパートじゃなくて普通の一軒家です)
なので、普通に考えると、4kWくらいのシステムを入れておけば十分なんだと思います。

使用量を大幅に上回る大きいシステムを導入した場合、魅力的な売電収入に対して、導入費用はかさばりますし、思ったよりも発電しなかった場合の雪国リスクも膨れ上がります。

じゃぁ、なんで8.61kWも載せたの?
と言いますと、まぁ、それほど大それた理由もないんですけど、次のような理由でした。

  回収年数はシステムが大きいほど短くなる
太陽光発電システムの導入費用(kW単価)は、
・パネルの価格
 → 枚数に比例するので固定
・パワコンの価格
 → パワコンの台数に左右されるので一概に言えない
・付帯設備(売電メーター、発電モニターなど)
 → 大きさによらず1個だけでよいので下がる
・工事費用
 → 作業人数によるので、下がる
・その他手続き(補助金申請やもろもろ)
 → 容量に左右されないので、下がる(額は小さいですけどね)
ので、システム容量が大きいほど単価が下がる傾向にあります。

対して発電量は、と言いますと、当たり前ですが、基本的にシステム容量に比例して増えます。

ですので、システム容量が大きくなれば、費用回収にかかる年数は少なくなるわけです。

10年後の買取価格が不透明なので、償却年数を短くするためにもシステム容量は大きいほうが良い、と言えると思います。

ただし、容量を増やしたいからといって、角度や方位が異なる屋根に載せる場合は注意が必要です。
我が家は東西切妻でしたので、ほとんど条件の違いなく、容量を増やすことが出来ました。

 費用回収後の売電収入が魅力?
我が家はうまく行けば9年で回収できる計算です。
なので、10年固定の買取価格のメリットを受け、10年目の売電収入30万円はそのまま利益になります。
じゃぁ、それがそのまま11年目以降も続くのか?
それは分かりません。
買電価格よりも安くなることは無いとは思いますが、今より下がることは確実と思います。
ですが、ちょっとでも収入を増やすためには大きいシステムを載せたほうがお得なことは間違いないですよね。

将来性
太陽光発電のもっとも大きな欠点は、
・天気が悪いと発電できない
・昼間にしか発電できない
の2つだと思ってます。
これを解消するために必要なのが蓄電設備。
まだ導入するレベルにないと思ってますが、将来的に蓄電設備が現実味を帯びたときに、それを活かせるだけのパネルを載せておきたい。
消費する電力も今は30Aの契約で十分な量ですが、子どもが大きくなったり、後に電気自動車に乗り換えたり、で使用量は確実に増えるでしょうし。

 地球に優しい?
賛否両論あると思いますが、自分のためじゃなくて、環境のために何かをするよ、という子どもたちへのアピール効果をちょっと狙いました。
地球は温暖化しているのか、寒冷化しているのか、CO2は温暖化にインパクトがあるのか、実はあんまり関係ないのか、そこの真偽は分かりませんが、いずれにしろ、石油資源だけに頼るべきでない、とは思ってます。

 ご近所さんに優しい
年に何回かはある停電。
まぁ、夜には役に立ちませんが、昼間の停電で、ある程度の日射量があれば、ご近所さんに電気をわけてあげることが出来ます。
うちはパワコンが2台あるので、3000Wの電力をみんなで使えます。
これだけあれば、ご近所さんの携帯電話の充電はもちろん、ご飯も炊けるし、お湯も沸かせる。
実際に中越地震の際に、太陽光発電をしているお宅が助けになったというお話も聞きますので、ここは期待してます。
蓄電設備が整えば更に安心。

もちろん、災害なんて起きないことを常に祈ってます。

 勢い!
500万なんていう大きな買い物をするのに必要なのは勢いですよね!
熟慮も必要ですが、家や車、結婚などと一緒で、もう勢いです!

半分の4.3kWシステムにするか、業者さんの提案書と1時間以上にらめっこしてましたが、「将来容量を増やす財力があるわけない、今やらなきゃ後悔する!」と、半ば勢いで決めました。



結局は、回収できる見込みが立った、というのが一番大きな理由ですかね。
なんだかんだ言って、将来の売電収入が魅力なのも間違いない。

こんな理由で、(実は検討してから1週間で)8.61kWシステムの導入を決めたのでした。


応援お願いします>< にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ 人気ブログランキングへ 

導入システムの紹介:SANYO 8.61kW

我が家が導入したシステム、条件は以下のとおりです。
切妻東西の屋根に目一杯パネルを載せました。
年間8000kW弱の発電量を見込んでます。

8.61kWという大きなシステムを導入した理由はコチラ

■屋根形状
 切妻 東西方位、約20度

■最大出力
 8.61kW(東面 21枚 4.305kW、西面 21枚 4.305kW)

■メーカー
 SANYO(やっぱSANYOでしょう!)

■パネル
 HIT-B205J01(公称最大出力:205W) 42枚

■パワコン
 SSI-TL55A2(5.5kw) 2台(で、でかい・・・)

■施工日
 2010年10月28、29日

■発電開始日
 2010年11月11日


応援お願いします>< にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ 人気ブログランキングへ 

Contents

・導入システム
 なぜ8.61kWも載せるの?
・資金計画
 業者の「15年」を信じるな!
 すべて10年で考えるべし
・補助金
 もらえるうちにね。
・導入までの道のり
 8.61kWを決めるまで。
・毎月の記録
 雪でも意外と発電。

ともパパ オススメ
New Comments
PR
セルフバックで自己還元!
お小遣い稼ぎの枠を超えてます!





Access Counter
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Profile

雪にめげずに太陽光発電を導入。
日々の発電量チェックが日課になった3人の子どもと奥様と、売電収入で旅行に行くことを目論む。
次は薪ストーブでCO2削減!と息巻いている。

相互リンク募集中♪

Wood Stoves : My Dream

薪ストーブの本 vol.7 (CHIKYU-MARU MOOK 別冊夢の丸太小屋に暮らす)

新品価格
¥1,680から
(2011/5/17 21:59時点)



Viva!薪ストーブクッキング

新品価格
¥1,890から
(2011/5/17 22:08時点)

参考になった本たち
この本が導入の決め手になりました!

わが家も太陽光発電 (アサヒオリジナル)

新品価格
¥1,500から
(2011/1/8 00:02時点)

導入事例はどれだけ見ても無駄になりません!

わが家ではじめる太陽光発電―屋根から屋根へ、つなげみんなの発電所

新品価格
¥1,680から
(2011/1/7 23:53時点)

マイナス面を書いた本は貴重です

太陽光発電 設置してわかったこと困ったこと

新品価格
¥1,260から
(2011/1/8 00:04時点)

よく読んで、しっかり施工業者を選びましょう

太陽光発電システムの不具合事例ファイル―PVRessQ!からの現地調査報告

新品価格
¥3,360から
(2011/1/8 00:05時点)

見積もりは無料!

最初から当りを引くとは限りません。
複数の業者さんの見積もりを比べるのが大切です!









  • ライブドアブログ
イククルの登録の流れ